Kana KOTERA Homepage
Text Size :  A A A
|  こてかな日記  |  アルバム  |  掲示板  |    |  小寺香奈  |  連絡先  |
Img_f91d189d4cf8d6a307a016fb1687f4dc367166a8
梅雨と梅雨の間。束の間の晴れ。吊り橋はこわくて渡れませんでした。
けれど向こう側へと続くその吊り橋の真っすぐさに勇気づけられたりする今日この頃。
Img_6ab1718a0704047d1297344d055755dbfee8252b
まだ和歌山のことをあまり知らないので、和歌山に来ているときにはなるべく地元産のものを食べてみるようにしています。その土地を知るのに食べものはもってこいだ、と食いしん坊の自分は思うわけです。

そこで、岩手で覚えた楽しみ「産直での買い出し」をこちらでも実践。

果物みたいにジューシーなトマト。甘〜い清見オレンジも買ってみた。
何だか贅沢です。
●東日本大震災・被災者のためのチャリティーマラソンコンサート
 「祈りから光へ〜日本復興のために歩き出そう」

Brass Extreme Tokyo + Contemporary Sliders Unit
海外でも活躍する二つの現代アンサンブルがお送りする「金管楽器の500年」
グレゴリオ聖歌から中世・時報の音楽、ファンファーレと行進曲そして現代まで


日時:6月03日(金) 18:30開場/19:00開演
会場:中渋谷教会

<出演者>
トランペット:曽我部 清典、佐藤 友紀、熊代 祐子、前原 尚規
トロンボーン:井上 康一、大内 邦靖 、村田 厚生、秋永 岳彦
ユーフォニアム:小寺 香奈
キーボード:西條 太貴、齋木 あゆみ
音響&シンセサイザー:岩下 哲也

プログラム:
G.ガブリエリ/ 4声と8声のカンツォン
D.シュペール / 3本のトロンボーンのためのソナタ
G.ペーツェル / 午前10時と午後4時の音楽
G.ヴェルディ / 「ホースラッパ」によるアイーダ凱旋行進曲
A.コープランド / 市民のためのファンファーレより
古関 裕而 / スポーツショウマーチ
L.バーンスタイン / ウエストサイド・ストーリーより
J.カーナウ / ラプソディ
C.アイヴズ / 教会の尖塔と山々
F.ラーベ / トロンボーン4重奏のためのボロス(他予定)

私は、J.カーナウ / ラプソディと、古関 裕而 / スポーツショウマーチなど演奏いたします。
カーナウはピアノではなく金管アンサンブル伴奏バージョンです!

チラシはこちら→ (Click!) 
Img_8019a416816affd2704010dfd70b9f0e55985ce0
久々にメンバー全員揃って次回演奏会に向けての写真撮影でした。選曲会議も同時進行。

二ヶ月間で唯一4人の予定が合ったものの、全員揃ったのは22時近く。遅い時間の撮影でしたが、カメラマン岡崎さん、デザイナー下野さんともにとても良い雰囲気を作って下さり終始楽しい撮影となりました。

終わったあと、みんなでシュークリームを頬張りました。すんごく美味しいシュークリームでした。カスタードクリームとシューの皮がぴったりとマッチする味でした。

みなさんありがとうございました。
Img_8cbc67d9fd2c4de94a3698a2a8a7bd68f785c2ef
左から、近藤陽一、岩黒綾乃、小寺香奈、佐藤和彦

撮影では普段と違う楽器の持ち方をしたりするので、大きな楽器の私たちはこんな所でも体力勝負。終わってホッとしてる4人。
Img_aa18e505e9ba646b34bc4ff814bc2ce44d627b4e
教えている大学にて。陶芸の先生からいただきました。
Img_fbb5414d058a2e36881da3ee0ca3185de1323883
上から覗く。
Img_a305284a12244b836f153a4222dd5be685127ba6
持ち手もちょうどよい大きさ。
少し前に先生の研究室を尋ねたのがきっかけで、ご自身の作品をプレゼントして下さいました。わたしは小学生の頃陶芸クラブに入っていたのですが、手回し轆轤で色々作っていた話なども思い出したりして楽しいひと時でした。

大学に来たときに使うマグカップ、100均のじゃなあ…新しいの欲しいなあ、なんて思いながら夕べお布団に入ったところだったからびっくりしました。

陶芸の、詳しいことはなんにも分からないのですが、自分がとても好きな感じの風合いですごく嬉しいです。

大事に使います!ありがとうございました。美味しいコーヒー豆や紅茶も買わなくちゃ。

Img_c714da9e0e6e788723d77244f761c0cc62827cd9
Img_5807e8d802e042a9c617dd85b823d7d47e09de3d
ある日、6時間ほど夢の国へ。魔法にかけられたみたいにその世界に引きこまれます。現実に戻ったあと、おそらく一週間は魔法の効き目アリ。
Img_f1634dba5bfa1a4c179cec2acb63754959f0bc0e
独特のいい雰囲気。
Img_b070ed9037754a31a3989337d6a3734cdfe29d43
ちょっと気に入ってる折りたたみ傘。ちょっと気に入ってるだけで気分がちょっとだけ晴れる。
Img_c3ef64a574593b04db0779b612f2356f9ba3c9ff
Img_6e54c119206c5cb7d16a032e4b5e7cefed8b9a36
昨年から始めた梅酒作り。今年は二種類の梅で黒糖梅酒と梅サワーを漬けました。

青梅と少し黄味がかった南高梅とでは香りが全然違います。梅サワーは梅雨明けの頃出来上がるので、夏のお風呂上がりにソーダ割りで…などと今から妄想を抱いてはニンマリしています。上手に出来ますように。

Img_7f970fb96037d4972fd1564412a92b4a9b6e61a9
一週間の湯治は叶わないけれど、二泊三日ならと急に出来たオフに宮城県の鳴子温泉のとびきり良いお湯につかりに行ったのがちょうど昨年の6月。もうあれから一年が経とうとしています。部屋のこけしを見てはあの素晴らしいお湯を時々思い出しています。宮城、福島、岩手、秋田、青森。訪れた温泉の思い出はあり過ぎて書ききれないほど。東北の温泉は私にとって特別です。温泉とともにその時々の自分をくっきりと思い出すことができるのです。

Img_adadd285efaaa293e5196bf2923630748fa5eeb5
路面電車に揺られてホテルに着きました。ガタンゴトンという感じの走りっぷりが可愛らしかった。乗り心地と雰囲気なのかな、ほんとに知らないとこに連れてかれる気分になった。

これはお隣の県のご当地飲料のよう。なぜ白バラなんだろう?
Img_b1dcdb4fd786a9bdc416aa396845a40079732f3a
Img_7d1ad7cd864e4324a817ae4dcf06d84bf6114dc8
暑かった広島。遠くに原爆ドームが見えます。この日は広島の平和記念公園の中にある国際会議場のホールへ。

ホテルのすぐ側のてらにし珈琲さんでトーストセット。印象に残る美味しい一皿でした。
Img_8a1829d6cf633f626790f7aeb9ae8f4c0a68911a
Img_6a90e9363579ecb42a16302b0c5653dd00251c7f
ある日はこのちっこいプロペラ機に乗りました。36人乗りかな。徳島ー福岡便。遊園地のアトラクションみたいにヨコにタテにと揺れるわ揺れるわこわかった〜(@o@)))!
Img_37f109e14a1cfee6d130fe79a6bff91174efe2f7
Img_12cea36894ba844aab9eb4d86db7388bd255f2a1
初めての九州新幹線。博多ー鹿児島の移動でさくらに乗りました。座席は広々リッチな感じ。しかしトンネルが多くて多くてびっくりでした。

新青森から鹿児島中央まで新幹線で繋がってるんだね。じーんとするね。
Img_6136d9c2a1a355a38c37718d65a2cef64d563faa
大雨のニュースが心配だった鹿児島、こんなに青い空の一日もありました。

広々したアーケードの商店街。もっともっと探検したい街でした。
Img_c510cd325f05b952c9c6776cf80130f2fdc762fc
ツアーが始まった頃から急に気温が高くなり蒸し蒸しした暑さ。スイカがぴったりの気候です。
ある日のデザート。
Img_e044e2e1ffaeed95f6f9782bb274e283e5414cc8
福岡では九響のある奏者さんとゆっくりお話しする機会を持つことができました。

以前聴いたリサイタルの演奏が強く印象に残っていて、いつかお会いしてお話ししたいと願っていたので凄く嬉しかったです。

その柔軟な発想や行動力で次々と新しいことを実現していく。たくさん刺激を受けました。

それから連れて行っていただいたお店のお料理はどれも絶品でした。生のお肉やもつ鍋を堪能!
Img_73fc6d6bc382060fdb59d10899ce6b89d2a20211
晴れの日の飛行機は楽しい!
Img_04f560a7ed7a6e66f85ab7c8251fc6c85e04e9e4
四国。どこかな?田んぼがいっぱい。
Img_82ffda9a052a0ce107fcc9a2822de891028d226a
愛媛県佐田岬のあたり。
参加させていただいていた東京佼成ウインドオーケストラの西日本ツアー最後の公演は北九州芸術劇場でした。毎日移動→本番の繰り返しのツアー公演はハードですがやはり学ぶところが多く、発見や課題を多く持ち帰ることができたと思います。さっそく次へ向けて練習したいところですが、その前に1日だけ練習はお休みにします。

写真は福岡から関西空港への飛行機の窓からの眺め。
晴れていたので四国を下に見ながら。
OLYMPUSxz-1だったらもっと綺麗に撮れたかな。iPhoneで。
Img_decc98c2070924d36b593635f554fd0695fbb8ee
わたし的博多土産といえばこれなんです。千鳥屋のチロリアン。
Img_b95fa946b17748fa4a1871283ed3c02fe668f60a
いつだったか、当時日本有数の高気温地域に住んでいた生徒にもらいました。

ジェル状のものを凍らせてぶたの裏側から入れて使います。
冷んやり具合が何とも気持ちよいです☆