Kana KOTERA Homepage
Text Size :  A A A
|  こてかな日記  |  アルバム  |  掲示板  |    |  小寺香奈  |  連絡先  |
朝起きて窓の外を見ると大粒の雪が舞っていました。
この冬初めての光景。
It's snowing in Cologne now!
Img_cd7e3e5f3625ffb2599579a9051b5197
Img_82448b26fd35c55e93767ccc1a0d54ab
Img_4ee1a4fd68b5b3c27ef650407a8d787d
今夜は友人たちとRudolfplatzのWeihnachtsmarktへ行ってきました。土曜日ということもありもの凄い人!まずHeidelbeerwein(ブルーベリーのグリューワイン)で温まったあとお店を見て回りました。初めてReibekuchenを食べましたがサクサクでとっても美味しかった!りんごのソースをつけながら食べます。
Img_b9ba9e907aa9a663d3e1df3f215e256a
少し離れた場所からマーケットを眺めたらこんな感じ
Img_59e59dc9743bb536d445c2580f53abdb
ゴミ箱も可愛い(でもあふれ過ぎ…)
Img_1f13abc86dd4d736bca2d61081076a92
兵隊さんもいます
Img_b7821e188fe2ccaaa183024fa7ff43df
不思議な雰囲気の花瓶
Img_305d2380653015654ccbf81227f4e0c7
くつ下に入ったサラミ
Img_095c6131650eab6f5d0c7860d1896f24
美味しそうな食材がいっぱい
Img_c6a712132797e45f861c0e4ffd0c85e9
Img_46abc1de93ebc1c7bd164f2ecf8b38fc
Img_a5d334c1650ac95def48049c7a7f08aa
3泊4日のローマ滞在から戻り、今日はふと日本へ送るクリスマスプレゼントを探そうと思い立って、はじめて昼間のWeihnachtsmarktへ行ってみました。珍しく雲一つない青空でしたがとても寒く、ついグリューワインやあたたかい食べ物に目がいってしまうのを我慢して、お店を見てまわりました。プレゼントは木製の小さなオーナメントやオリーブの無添加の石けん、クッキーなどにしました。
Img_f9c8aecefc907b12e4ebab9cf5db0194
Img_6385c1ecf9d3e85d8b935d9bc37e2486
Img_b197d422a896dff48871364f7b0ac68f
初めてイタリア、ローマへ行って来ました。コロッセオ、フォロ・ロマーノ、ヴァチカン博物館、サン・ピエトロ大聖堂、トレビの泉、パンテオン……などなどあれもこれも見るところだらけのローマでは一日中歩きまわって、見て→食べて→見て→食べての繰り返しでした。食事もどれも本当に美味しくて感激したし、ファションも刺激的でした。写真を沢山撮ったのでどれも載せたいけどとりあえず3枚。友人が案内してくれたので、珍しく自分が写っているものも数枚あります。
Img_755ecdf615811f58fa3174518208b497
Img_f44a579b9682e53b553f6d68cc8a2108
Img_9b65122877c4b2bcf41157321958d370
ケルンでは毎日曇っていたりお天気が悪いことがしょっちゅうでお日様の陽を浴びることがあまり叶いません。そんな初めての北ドイツの秋〜冬を過ごしていて、飛行機で2時間のローマへ降り立ったらあたたかいし湿度はあるし、そして何より空が青くてびっくり!嬉しくて空ばかり見上げてしまうくらいでした。
Img_ab083161bdbf4d2edd9f15d6af06a003
Köln
Img_cb4881ea35e537b26ce1f37adc03d2a2
Roma
Img_87143a4e28e88936bd6e88583ec483d1
Roma
Jetzt im Dezember ist sie besonders schön!
Img_608032f62e1a82a16e209a674cea2d9f
テレビの前のスペースに小さなオーナメントやキャンドルを置いてクリスマスコーナーを作りました。今まではこういうことに全く興味がなかったのですが、ドイツに住んでいると自然とクリスマスの準備などしてみようかという気になります。お邪魔するお宅ごとに色々な飾り付けがあって、本当に素敵なんです。そんな周囲の影響もありますね。来年は日本にこれを持ち帰って並べたら、きっと今の暮らしを懐かしく思い出すのだろうなと思うと少し切なくなります。
Img_1d4d94d8517787b6761f4056132aae38
留学期間の半分が過ぎました。長かったような短かったような約3ヶ月半。沢山のはじめての経験をしながら日々自分を見つめてきた数ヶ月でした。

今日夜練習に行っていつものように色々試していると、ふと気づいたことがありました。過去と今と未来とが一気に繋がるような、目が覚めるような瞬間でした。忙しい中で自分は何も自分の思うところまでの音楽が、演奏ができていないんだと思い込んでケルンへ来たはずが、でも日本でやってきた自分の演奏は決して悪くもなく、ましてやいい加減でもなく、その時の全てを注ぎ込んだものだったことを自分で認めることができました。

良い演奏足るために何が必要かも以前よりはっきりと自覚しました。もちろん今日気づいたことは答えでもなんでもないけれど、演奏家という職業を生涯続けていく自分にとっては重要な日になりました。演奏するというのは、日々の小さな、時には大きな(自分にとってのみの大小)発見とともに生きることで、つまり積み重ねの上にしか成り立たないと思うのです。だから今日のことは忘れてもいいことなんだけど、ちょっと嬉しかったので書いておこうと思いました。あとで読み返してみると案外面白いかもしれないから。
Img_efa4f72aff1de97038e4b5330558d689
バルセロナで大学院時代の後輩と再会しました。何ともいえないくらい嬉しかった。
先々週のローマでも先週のバルセロナでも、人との出会いとか繫がりとかそういうものによって価値観が動かされるほどの刺激を受けました。

その時は点でしかないものが、いつか点と点が線でつながる時が来ると若い頃歳上の方から言われたことがありました。36歳という年齢になってそれを実感し、生きてるのも長くなってくるといいことあるもんだなとほくそ笑んだりするのでした。

ケルンはクリスマスを前に街が活気に溢れています。
つられて元気になったり買い物したりしている自分にちょっと笑ってしまいます。
でもそれでいいんだと思います。私はここで暮らしてるんだから、つられて当たり前だよね。